AX 片思い : ブサイクがモテる方法 | 4ステップハーレム

ブサイクがモテる方法 | 4ステップハーレム

「どうせ俺はブサイクだから。」そんな理由で恋愛を諦めていませんか?
違います。貴方は知らないだけなんです、「ブサイクがモテる方法」を。
バカボンのパパ顏をもつ管理人がブサイク特化型モテる方法を公開中。

片思い

片思いの女性画像「モテないのはブサイクだから」
もしあなたがそう思っているなら…
チャンスだ。

ブサイクがモテる方法 | 4ステップ・ハーレムへようこそ。

このブログでは、わずか4つのステップでブサイク男がモテる男に生まれ変わる方法を伝えます。

ただ、モテる方法と言っても
「洗脳トークで今すぐ女性を思いのままに」
「確率90%以上の究極ナンパ術でやり放題」
そんな夢や魔法のような方法ではない。

いつの間にか女友達が大勢いる。
自分が好きな女子に好意を持たれる。
モテるスパイラルに乗ってなぜかモテるモードに入る。

そんな恋愛、幸せをもたらす方法。

俺自身、ブサイクという恋愛ハンディキャップを負ってる。

コンパ定番の「〇〇〇に似てる」トークで
「バカボンのパパ!」
と言われたことも1度や2度じゃない。
(額の3本の皺、腫れぼったいまぶた、人一倍大きい頭周り…どれも俺が望んだものではない。)

好きな女子にライン交換お願いしてもやんわり拒否。
勇気をふりしぼって直接食事に誘ってみても逃げられる。

「ま、仕方ないか・・・」

そんな経験を何度も繰り返しているうち
女性に対し、不信感や嫌悪感を抱き、恋愛をあきらめていた時期もあった。

でも、本当はこのままロクに恋愛もせず人生が過ぎていくことが嫌だった。
俺の人生から大きなものが欠けるような気がして。

女性を、恋愛をあきらめきれなかった俺は
どうすればモテるか考えに考え、そして実行に移した。

すると、少しずつ微妙な変化が起きはじめた。

女性の俺に対するリアクションが変わり、
そのリアクションの変化が俺に自信をもたらし、
その自信が俺の行動を強化し、
その行動が女性からのリアクションをさらに高めて…

たぶん、変化の連鎖、スパイラルに入ったんだと思う。

気軽に連絡先を教えてくれるようになる。
食事に誘っても引かれない。
「雰囲気がいいよね」と言われる。
恋愛対象として見られるようになる。
以外にモテる、というイメージが広まる。



『あれ、俺、モテてる・・・』

最初にお話したとおり、この4ステップは夢の万能薬ではない。
だけど、これぐらいの変化をもたらすことは可能だと思う。

そう考えれば、過去の俺と今の俺、違いは

”ブサイクが” モテる方法を知っていたのか、否か。たったそれだけのような気がする。

なので「ブサイクだから」とかいう思い込みで恋愛をあきらめてる人に、
かつての俺のような人に、
実際に行った「モテる方法」を伝えたいと思う。

あなたが何歳だろうと関係ないし、今からだって遅くない。
今までモテなかったからといって、これからもモテないわけじゃない。
あきらめなければ、行動を起こせば、人生は変わる。

そして、ブサイクがモテる方法 | 4ステップ・ハーレムはその役に立てるはず。

まずはその4ステップの前に知っておくべき一つの事実 ⇒ ブサイクがモテる方法・女性の意見

『もてる方法〜ブ男の路地裏2階ハーレム戦略』・・・

路地裏?2階?聞いただけじゃ、よく分からないコンセプトですね、我ながら。

ま、そのあたりはおいおい説明するとして、

今回は、万年片思いを脱出するための戦略=路地裏2階ハーレム戦略が出来る”きっかけ”について。


『男は顔じゃないよ。』

 ある女性、つーか、俺の母親が息子である私に放った言葉。

 なんだか励ましというか何かのフォローのつもりだったんだろうけれど、

 当時中学生、思春期まっただなかの私はちょっぴり傷ついた。

『あのさ、バカボンのパパに似てない?』

 某女性と酒飲んでるときに言った言葉。

 あのね、そんなハードな”フリ”されてもリアクションが取れないってば。

『BCDHは問題外。』

 某女性と飲んでいたとき出てきた言葉。

 ちなみに彼女は身長170cmのスレンダー美人。
 興味半分で参加したお見合いパーティーで、男の40%から告白カードを受け取った伝説の持ち主。
 なお”BCDH”というのは以下のことを示す隠語です。
 B/ブサイク  C/チビ  D/デブ  H/ハゲ

 私の場合、B=◎ D=○ 今となってはHにも○がつく・・・。


というわけで、見事母親の心配は的中し、『年中片思い』が私の恋愛の全てでした。

だけど『かわいい女性とつきあいたい』という本能を簡単には捨てきれず、

なにかとあがいてました。『いつか必ず』って。


そんな私にあるとき転機が訪れます。

告白されて彼女ができたんです。それも美人の。

嘘みたいな話ですがホントです。

なんというか・・・奇跡を通りこして奇妙ですらあったかもしれないですね。

「美女と野獣」

「まじ!?なんであいつが?」

「俺は信じん!」

私の周りの反応はだいたい、こんな感じでした。

しかし、一番驚いていたのは恐らく本人である私だったと思います。

当時は彼女の気持ちがなかなか信じれず、「本気かな?」と思って彼女を見つめると、

彼女もじっと見つめ返してきて、それだけで幸せな気分でした。

私の誕生日には『いつまでもずーっと一緒に祝えたらいいね。』と、

こっちが言って欲しいセリフがそのまま飛び出すし。

『恋人がいるってこんなにも幸せなものか』って、毎日が本当に楽しかった。

しかし、この奇跡的な恋愛は1年と半年後、私が突然フラれて終わりを告げました。

直後、俺の親友と付き合い始める、というおまけ付きで。


最後はちょっとキツかったけど、この恋愛経験でたぶん私の何かが変わったんだと思います。

恋愛の楽しさを知ったし、なにより自信がついたんですね。

それ以降、好きな人ができたとき、

「俺じゃあの子は無理だな」ではなく「どうやったら口説けるかな?」

と、考えるようになったんです。

 イケメンなんかには負けない。

 装備(顔)は貧相でもゲリラ戦で勝負だ!

 頭とチ●チンは生きているうちに使え!

って。

そんな恋愛経験を今日までつんできました。

で、最近、イケメンの後輩の恋愛相談にのったところ、思いのほか好評だったんです。

ん?・・・ブサイク男の俺がイケメン君の恋愛相談?


そんなきっかけで、【もてる方法〜ブ男の路地裏2階ハーレム戦略】を書くことにした訳です。

いい恋愛とは何?もてる方法って?もてる男とは?

そんな自分自身の疑問に答えれる自分になるためにも。

このページのトップヘ