AX もてない男 : ブサイクがモテる方法 | 4ステップハーレム

ブサイクがモテる方法 | 4ステップハーレム

「どうせ俺はブサイクだから。」そんな理由で恋愛を諦めていませんか?
違います。貴方は知らないだけなんです、「ブサイクがモテる方法」を。
バカボンのパパ顏をもつ管理人がブサイク特化型モテる方法を公開中。

もてない男

もてない”秘訣”という言い方も、なんか変だけど

テレビで前々から気になってたし、もてる秘訣とも言えることだから。書く。

選挙に負けたから書くわけじゃないけど、

安倍さんの定例(?)インタビュー時の目線、あれ、気になりませんか?

なんだかもてない男の典型パターンが投影されてる気がする。

(って、まったく政治には関係ないんだけどね・・・)


【安倍首相にみる、もてない秘訣】の続きを読む

もてる男⇔もてない男、いったい女性はどこに、その境界線を引いているのか?

女性にもてる条件は、顔?スタイル?金?トーク?性格?

ちなみにもてない男〜女性800人が選ぶ結婚したくない男ランキングでは

『ブサイク』ってのは、5位で得票率24%。

やはりイケメン優位は動かないですが、ならば残りの76%に賭ければいいわけで、思ったほど悲観的な数字じゃ、ない。

なわけで、周りにいる女子達に『もてる条件』についてコメントを求めてみると・・・ 【もてる条件:もてる男ともてない男の差】の続きを読む

モテない男の理由は何か?

ブサイクなど外見が最大の理由ではないことは前にも書いた。
(参照:ブサイクはモテないのか? )

では、モテない男 ⇔ モテる男を分け隔てる本当の理由は何なのか?

女性が考える「モテない男の理由」に関して調べてみたら
興味深いアンケート・ランキングがみつかった。それによると・・・

【モテない男ランキング】

「10代〜30代の女性800人が選ぶ、こんな男とだけは絶対結婚したくない!って男」
(複数回答 *扶桑社発行「週間SPA」より引用。)

1位:「彼女いない歴=年齢」の男  326票
  「20代後半とかで恋愛経験がない人って人間として異常」(21歳・大学生)
  「ちゃんと恋愛できない男は結婚を望むのはやめてほしい」(26歳・経理)
  「いい歳して恋愛経験ない男って余裕がないし自己チューで最悪」(23歳・看護婦)

2位:無職・定職についてない男 298票
  「30過ぎてフリーターとかマジ痛すぎ」(24歳・事務)
  「別にお金持ちでなくてもいいけど、収入がないのはちょっと。」(19歳・大学生)

3位:女性に暴力を振るう男 279票
  「DV男は人間として論外」(26歳・スチュワーデス)
  「前の彼氏に暴力振るわれて殺されるかと思った。」(18歳・大学生)

4位:社交性がない・男友達が少ない男 221票
  「社交性がなくて暗い男は一緒にいてもつまらないし結婚もしたくない」(24歳・歯科助手)
  「男友達の多い男のほうが女にもモテるし、人間的に魅力的」(22歳・ピアノ講師)

5位:ブサイク・ファッションセンスが悪い男 194票
  「ブスは3日で慣れる、あれ嘘だと思う。ブサイクはいつ見てもブサイク」(20歳・専門学生)
  「一緒に街を歩いて恥ずかしい男は勘弁」(25歳・営業)

女性達・・・色々と言ってくれておりますねぇ。

まず「ブサイク」は5位と、思ったほど上位じゃなかった(194票 約24%)。
ブサイク「だから」モテない、というのはやはり短絡的な思い込みだ。

2位・3位は問題外として・・・

やはり注目すべきは1位の「恋愛経験」。

実に40%以上の女性がそう考えているわけで
恋愛経験がない⇒ 恋愛対象外 ⇒ 恋愛できない⇒(最初に戻る)
という、まさに負の恋愛スパイラル=恋愛極貧アリジゴクだ。

いや、これ真剣に考えるとマジで怖い。

この記事には「女ってくだらねぇ!」的なコメントもたくさんついてるけど
女性がそう考えるのも(正否は別として)女性なりの理由があるからだろうし、
否定して心の平穏は保ててもリアルな状況は何も変わらないわけで。
また一方で、モテる奴ほどモテる、のも事実だし。

もし彼女を作り恋愛を愉しむ人生を送りたいなら
この負のスパイラルをいち早く抜け出すことが必要。

かつて俺もこのスパイラルにもがいてたけど
「もう女なんてらね」と、心の底から思えなかった。

いや、正直に言えば、彼女が欲しくて欲しくてしかたなかった(苦笑
何より、女性から好かれるっていうのは男としての自信、自己肯定感に直結してる。

「あぁ俺はやっぱりオスだったんだ」って。

では、ブサイク男はいかにして、このスパイラルを断ちるのか・・・

いまだにトラウマでもあり、俺がスパイラルを断ち切れたきっかけがこれ。
スーパーサイヤ人と村人Aの合コン

よければ一読を。

このページのトップヘ