実はモテる男の服装にはもう1つポイントがある。

それは、スタイル、体形。

モテる服装の実例をみてもらえれば分かるが、スタイルがいいとファッションも決まりやすい。

さらに「女性が一番キュンとくる男性のギャップ」というアンケート調査での

おとなしそうなタイプなのに筋肉質でがっちりした体にキュンとくる。」(36歳/女性)

という意見。
(参照:マイナビ・woman


一方で「メタボ体形な男性は不潔に感じる」という女性も少なくない。

例えば『女性300人に聞いた初対面で恋愛対象外になる男性』というアンケート調査に寄せられた
「お腹が出ていて大量の汗をかいていた」(27歳/女性)
ていう意見。
(出典:マイナビニュース「女性300人に聞いた初対面で恋愛対象外になる男性」)

メタボ体形=不潔。
清潔感を最優先する女性に、不潔という印象を持たれたら致命的…。

ダイエット前のお腹

つまりスタイルが良ければ

●何を着ても様になりやすい。
●不潔というレッテルを回避できる。
●ギャップを作れる。

と、最大で3つのメリットを作ることができる。

俺も20代のころは筋肉質で着やせするタイプだったから、
バーベキューとかで一枚脱いでタンクトップになると女子たちがキャーキャー言ってた。
ギャップってやつ。 
その頃は「肩のラインが好き」とか「二の腕のカタチが好き」とかも言われたし。
残念ながら「顔が好き」とは誰も言ってくれなかったが(苦笑

それがいまやビールの飲み過ぎか、腹回りのブザマなメタボ進行が止まんない。
正直、ちょっとヤバいレベルだな。

思い切ってモテるぽっちゃり系への路線変更も脳裏をよぎったが、
愛嬌とトーク力が決定的に足りてないんだよね、俺。

そんなわけで
脂肪燃焼系のダイエットに取り組むことにした。

今ダイエットを始めた理由は
●好きな服が着れなくなってきたこと。
 (お腹のぽっこりが服の上からでもわかるようになってきた。)
●30代のうちに痩せておかないと、40代ではもっと難しくなると感じた。
などなど。

でも、レコーディングダイエットなど楽して痩せる系は上手くいかないし、
何より痩せるだけじゃなく「いいスタイル」を取り戻してギャップを演出する
それが「脂肪燃焼」系のダイエットを選んだ理由。

顔は鍛えても良くはならないが体形は鍛えれば良くなる。

ただ一言で脂肪燃焼ダイエットといっても選択肢は色々。
私が選んだ脂肪燃焼ダイエット方法は次の5つがポイント。

●自宅で空いた時間にできる。
●筋肉の量を増やしやせマッチョになれる。
●基礎代謝を高めるてリバウンドしづらい。
●私でも続けられるメニュー。
●コストパフォーマンスが高い。
●総費用が1万円以下

で、選んだのがBYE-10ダイエット

BYE-10ダイエットはこの5つの条件をすべて満たすうえ、なんといってもトレーニング開始からたった3分で脂肪燃焼が期待できるのが魅力。(ジョギングだと20分かかる。)

競技のためにトレーニングをするわけではないので、この速効性は魅力的。

スタイルを良くして第一印象を上げる。
スタイルを良くしてギャップを作る。

そして、もう一度「肩のラインが好き」と言われるまで頑張ります。

いつの間にか自分のダイエット宣言になってしまいましたが、
脂肪燃焼系ダイエットでスタイルとギャップを手に入れるための ⇒ BYE-10ダイエット