AX ブサイクがモテる方法 | 4ステップハーレム

ブサイクがモテる方法 | 4ステップハーレム

「どうせ俺はブサイクだから。」そんな理由で恋愛を諦めていませんか?
違います。貴方は知らないだけなんです、「ブサイクがモテる方法」を。
バカボンのパパ顏をもつ管理人がブサイク特化型モテる方法を公開中。

     

実はモテる男の服装にはもう1つポイントがある。

それは、スタイル、体形。

モテる服装の実例をみてもらえれば分かるが、スタイルがいいとファッションも決まりやすい。

さらに「女性が一番キュンとくる男性のギャップ」というアンケート調査での

おとなしそうなタイプなのに筋肉質でがっちりした体にキュンとくる。」(36歳/女性)

という意見。
(参照:マイナビ・woman


一方で「メタボ体形な男性は不潔に感じる」という女性も少なくない。

例えば『女性300人に聞いた初対面で恋愛対象外になる男性』というアンケート調査に寄せられた
「お腹が出ていて大量の汗をかいていた」(27歳/女性)
ていう意見。
(出典:マイナビニュース「女性300人に聞いた初対面で恋愛対象外になる男性」)

メタボ体形=不潔。
清潔感を最優先する女性に、不潔という印象を持たれたら致命的…。

ダイエット前のお腹

つまりスタイルが良ければ

●何を着ても様になりやすい。
●不潔というレッテルを回避できる。
●ギャップを作れる。

と、最大で3つのメリットを作ることができる。

俺も20代のころは筋肉質で着やせするタイプだったから、
バーベキューとかで一枚脱いでタンクトップになると女子たちがキャーキャー言ってた。
ギャップってやつ。 
その頃は「肩のラインが好き」とか「二の腕のカタチが好き」とかも言われたし。
残念ながら「顔が好き」とは誰も言ってくれなかったが(苦笑

それがいまやビールの飲み過ぎか、腹回りのブザマなメタボ進行が止まんない。
正直、ちょっとヤバいレベルだな。

思い切ってモテるぽっちゃり系への路線変更も脳裏をよぎったが、
愛嬌とトーク力が決定的に足りてないんだよね、俺。

そんなわけで
脂肪燃焼系のダイエットに取り組むことにした。

今ダイエットを始めた理由は
●好きな服が着れなくなってきたこと。
 (お腹のぽっこりが服の上からでもわかるようになってきた。)
●30代のうちに痩せておかないと、40代ではもっと難しくなると感じた。
などなど。

でも、レコーディングダイエットなど楽して痩せる系は上手くいかないし、
何より痩せるだけじゃなく「いいスタイル」を取り戻してギャップを演出する
それが「脂肪燃焼」系のダイエットを選んだ理由。

顔は鍛えても良くはならないが体形は鍛えれば良くなる。

ただ一言で脂肪燃焼ダイエットといっても選択肢は色々。
私が選んだ脂肪燃焼ダイエット方法は次の5つがポイント。

●自宅で空いた時間にできる。
●筋肉の量を増やしやせマッチョになれる。
●基礎代謝を高めるてリバウンドしづらい。
●私でも続けられるメニュー。
●コストパフォーマンスが高い。
●総費用が1万円以下

で、選んだのがBYE-10ダイエット

BYE-10ダイエットはこの5つの条件をすべて満たすうえ、なんといってもトレーニング開始からたった3分で脂肪燃焼が期待できるのが魅力。(ジョギングだと20分かかる。)

競技のためにトレーニングをするわけではないので、この速効性は魅力的。

スタイルを良くして第一印象を上げる。
スタイルを良くしてギャップを作る。

そして、もう一度「肩のラインが好き」と言われるまで頑張ります。

いつの間にか自分のダイエット宣言になってしまいましたが、
脂肪燃焼系ダイエットでスタイルとギャップを手に入れるための ⇒ BYE-10ダイエット

出会いの爆発的増加 を肝とする農耕型出会いを増やす方法。

ただ、この出会い増加方法のもつたった1つの難点、
それは、起点となる最初の合コンのセッティングだ。

そもそも自分で合コンをセッティングできる余力があるなら、「出会いがない」なんて悩んでいないわけで…。

俺が最初にぶち当たったのもこの問題。
宝の地図は手に入れたけど航海に出る船がない…

だが、諦めたらそれまで。
再び単調で乾ききった日々を繰り返すことになる。

「無いのなら作ればいい」

そう考え、自分に合った方法を考えた。

まず頭に浮かんだのは出会い系サイトやSNS。
でも、出会い系はコストがかかる上に信用度が低い。
SNSは面倒臭がりでマメさが足りない俺には向いてない。

そしてたどり着いたのがお見合いパーティー。

ちょっとアナログな感じがしないでもないが、
・真剣に出会いを求めている女性と会える。
・すぐに、確実に、リアルで、会える。
・数十人の女性と同時に会える。
・申込むだけで手間暇がかからない。
と、メリットが多くリスクが少ない。

そして、いつもは考えるだけで行動には移さない事が多い俺も、この時は違ってた。
それは同僚Sとの悲惨な合コン体験がかつてないモチベを与えてくれてたから。

ググって良さげなお見合いパーティーに申し込み。しかもお一人様で単独参加!

で、当日。

かわいい子もいたけどカップリングには失敗。
というか、俺の目的はそこじゃない。

パーティー終了後、私は帰ろうとしている女性2人組に声を掛けた。

「急な仕事でパーティーに来れなくなった友人が憐れなんで
今度合コンしません?」
みたいな感じでさらっとアプローチしてみた。

結果は、すんなりOK。
その後メルアドを交換し、さっそく友人達に合コン相互開催を持ちかけたのは言うまでもない。

という訳で、最初の起点が作れないという人には
お見合いパーティーがおすすめ。

参考にオススメのお見合いパーティーをピックアップしたので
今の生活を変えたい人はどーぞ参考に。
行動だけが変化をもたらす、ということを忘れずに。 ⇒ オススメお見合いパーティー

女子に好感を持たれるモテる男の服装コーディネートをファッション初心者が手に入れる方法。

手っ取り早いのはマネキン買い。

だが、実際に手頃な値段でマネキン買いができるwebショップを探してみると、
シンプルコーデを押してるところが、意外に、無い…。

出てくるのは、なぜかイケイケの過剰なコーデ、ガキっぽいコーデのお店ばかり。

だが狙うのはあくまでも
・女性が好きな「キレイめシンプル・コーディネート」
・手頃なプライス
この2点を満たしているショップ。

そんななか、あるアパレルショップを見つけた。

実際のコーデを見ても、先に紹介した
モテる男の服装」の条件をまずまず満たしてる。

総コーディネート数も多いし
・女性が選んだおススメ・コーディネート
・人気ランキング
・「キレイめ」「カジュアル」「ワイルド」「デート用」などのタイプ別分類
などが用意されていてファッション初心者にも選びやすい。

もちろんシンプルだから幅広い年齢で着られる服が多いし、「ビジネスカジュアル」にも対応。

さらに土日も含め最短で翌日に到着なので、急な合コンでも慌てないでいい。

問題は価格だが、コーデにより異なるけど、夏物で1万〜2万、冬物で2万前後が
マネキンコーデ買いのだいたいの価格。

ブランドものなら1点買えば消える金額で、インナー、アウター、ボトムスまで
3〜4点すべて揃うから、まぁ手頃だと思う。

自分のファッションセンスに自信がない。
そもそもファッションに興味がない。
何を着たらいいのかわからない。

でもモテたい。
でもおしゃれに見られたい。
でも第一印象を良くしたい。

そんな人向けのショップだと思う。↓

 モテるシンプル・コーデをマネキン買い「Menz-Style」



もてる方法STEP3・出会いを15倍増やす方法
その(3)は「出会いの爆発的増加」

その(2)「農耕型で出会いを増やせ」で、ブサイクに適した出会い増加方法の入口、「種」について書いた。

ここからは出会いの「種」を元に、出会いを一気に、そして爆発的に増加させる方法を書く。

前項で一粒の「種」を二粒に増やせたあなた。
さて、次にとるべき行動は?

早速、合コンに呼ぶ友人の日程をおさえて気の利いた店を探す?

…それ、残念すぎる回答。

俺は合コンに呼ぶ友人達にこう言う。

「あのさ、合コンの相互開催しようぜ。まず俺が最初にセットするからさ。」

するとどうなるか?

女子を誘うための嘘だった『合コン相互開催条約』が現実にものになる。

つまり友人を合コンに呼ぶ人数分だけ、
友人3人を呼べばプラス3回、
友人4人を呼べばプラス4回、
出会いが、増える。

このように、狩猟型から農耕型に発想をシフトするだけで
出会う女性の数が飛躍的に増える。
しかもこの方法は再生産可能なので、さらに出会いを増やすことも可能だ。

これが農耕型出会いの肝。

無理も努力も手間も不要。
後はあなたがどう思うか。行動に移すのか。
それだけだ。

ただ、この方法にも1つだけ欠点がある。
それは最初の合コンが起点になってるので、その1回は自前で用意する必要があること。
合コンをセッティングできる人は問題ないが
セッティングできない人はどうすればいいのか?

そんな人にオススメの対処方がこちら。出会い増加・初めの1歩

もてる方法STEP2・出会いを15倍増やす方法
その(2)は『農耕型出会い増加方法』

ここから先、出会いを増やす方法を実行するには前記事(出会いを15倍増やす方法(1)『出会いを増やすマインド』
を読んでおくことが必須。
まだの方は目を通しておいてほしい。

さて、モテない男、ブサイクメンズに出会いが少ない最大の原因。

それは知らず知らずに「狩猟型」で出会いを求めてる事。

「どこかに俺好みの女子、いねーかな…」

「いねぇなら仕方ないわ。現れるまで待とう」

(うわ、スッゲー好み!)「す、すみません。あの、Line交換しませんか?」

もしこんなこと繰り返してたら出会いなんて増えるわけがない。

「待つ」とか「見つけたら飛びかかる」とか、そんな狩猟型アプローチが上手く行くのは、例えばイケメンとか有名人とか金持ち。
瞬時に女子の意識を引きつけることができる人だ。

逆にそんなスキルを持たないブサイクが、
「待つ」なんて自ら存在を消すのと同じだし
「見つけたら飛びかかる」も軽くかわされて終わり。
そりゃ「女子の意識を引きつける」事が出来てないんだから当前のこと。

ブサイクは出会いの種をまき、育て、女子の意識を引き付け、そして収穫する。
そんな農耕型プロセスを選択するべきだ。

狩猟より安定した収穫と、その増加が見込める農耕は一発勝負に弱い我々ブサイクにはうってつけの方法だからだ。

その事に気付いた俺は考えた。

出会いを増やす正しい手順、それは、まず最初に

出会いを与える』ことだと。

よくわからない?

では人数合わせで呼ばれた合コンのケースで考えてみよう。

出会いが少ない日常に、突如お呼びがかかった合コン、
出会いの期待がパンパンに膨らみ、思わず目に力が入ってないか?
「未来の彼女はどこだ?」って。

これ既に狩猟モードに入っててアウト。

俺なら女性を見渡し『本気で彼氏を探しているのは誰か?』
まず、これを最優先で見極める。
相手のルックス、自分の好みなんて2の次。
あくまでも『彼氏を求めてる人はだれか?』がポイント。

で、見極めた後の猛烈にアタック・・・これも狩猟型なのでアウト。
繰り返すが「意識を引きつけていない」うちのアプローチはダメ。

ここで無理をしても
アプローチ → 撃沈 → つながり消滅 → 出会い壊滅
という、”出会いインフレ”な生活に戻る確率が高い。

そうじゃなくて、ただ、合コン、飲み会の最後にこう言えばいいん。

「いやぁ、今日は久々に楽しかったわ!●●●ちゃんのおかげかな。
あの、実は別のツレとの間に合コン相互開催条約結んでててさ、
よかったら今度、別メンバーで合コンしない?」

さて、ここで状況を整理してみよう。

・ 相手は『出会いを求めている人』
・ あなたは『その出会いを与える人

という構図になっている。

なので、

・相手があなたの提案を断る理由・・・特になし
・相手があなたの外見を気にする理由・・・特になし

というわけで、余程のマイナス印象を与えていない限りOK率が高い。
合コンの連絡という理由があるからLine、メルアドも自然にGETできるうえ、新たな出会いのもGETできる。

こうやって1回の出会いの場を2回に増やす。
でもこれはまだ種まきの段階。
出会いを育てる農耕型の出会い増加方法はここからが肝。

その肝を次回『出会いの爆発的増加』にて。

ファッション、何を着るかってことは自己表現だし、さらに言えば
セルフ・プロデュースの一つだ。

だから基本的には自分の好きな服を着るべきだと思うけど、もしあなたがそれほど服装、
ファッションに興味がない、あるいは、いつも服選びに悩んでる、という人なら
以下の画像を参考にするといい。

女性が好むモテるファッションの見本だ。
(俺が好きな服装を集めた訳じゃない。)

モテる男の服装1モテる男の服装2
モテる男の服装3
(画像:ガールズチャンネル「好きな男性のファッション」より

引用させてもらったサイト内では、どれも女性から高い評価が集まっていた。

服装というよりモデルの出来だろっ!という気もしないでもないが、
一方でどれも全体のシルエットから小物までシンプルにまとまっているのも確か。

これは良く言われる事だけど
「女性はシンプルな服装をしている男性が好き」
なのはやっばり一つの基本原理なんだろうな。

あともう一つは全体のシルエットとかのトータルバランス。コーディネートのまとまり。

(さらに言えば服をきれいに見せる、整った体型。)

逆にセンスの悪い人の服選びで有りがちなのが、トップス、パンツ、アウターと
それぞれ自分の好みで選ぶんだけど、合わせてみると何か変。
一つ一つのアイテムはそれなりなのに…っていうパターン。

色柄、シルエット、素材。
これら要素のバランスを上手くとらないとコーディネートはまとまらない。

まぁこの辺りは服選びで失敗を重ねながら、雑誌やショップの店員の服装見て
研究したりすれば徐々にスキルアップしていくと思う。

ただ一つの問題は、ファッションセンスを上げるには時間と投資が必要なこと。

今ファッションの話をしてるのは、ブサイクにとってのデッドライン
「第一印象の壁」を突破するためであって「半年後にお洒落になります!」では遅い。

そんなファッション初心者には ⇒ ファッション初心者の裏技

前章)出会いを一気に劇的に増やす方法により格段に増えた女性との出会い。

あとはこのチャンスを活かせるのか否か。

活かすにはまずブサイクにとってのデッドライン、
第一印象の壁』を突破すること。
第一印象を無事クリアできれば一気に視界が開けてくる。

さらに、第一印象を意図的に操作し最初にブサイクであることのビハインドを最小化しておけば、あとあとギャップメイクが効いてくる。

そんな俺らブサイクがモテるために絶対に外せない第一印象のポイント、それがこれ ↓

《アンケート調査》
『女性300人に聞いた初対面で恋愛対象外になる男性』トップ5

〔1〕清潔感がない
〔2〕ファッションセンスが微妙
〔3〕オタク系
〔4〕高圧的な態度
〔5〕自慢話ばかり
(参照元:マイナビニュース

〔1〕〜〔3〕はどれも見た目、視覚情報。
ただし、先天的なものではなく、どれも本人の自覚で変えられるものばかり。

また〔3〕〜〔5〕はコミュニケーション能力についてのジャッジ。
コミュニケーション能力の高い女性らしい結果だと思う。

ここで気付いた人も多いと思うけど「第一印象で切り捨てられる理由トップ5」の中に
先天的要素のものって、一つも、ただの一つも、ない。
どれも自覚とちょっとした気配りがあれば改善できる後天的要素ばかりだ。

これを見る限り、女子は容姿など先天的要素よりも、自覚や気配りといった
後天的要素の方に判断のウェイトを置いている。

要は自分や周りに気を遣えない男はNG、ということなんだと思う。
なぜなら「そういう男と結ばれても自分を幸せにしてくれない」と思えるからだ。

そう考えると、最初に「第一印象の壁」と書いたけど、
その壁は実はそんなに高くないとも言える。

特に〔3〕〜〔5〕については自覚の問題だから「注意してね」としか言いようがない。
第一、高圧的態度とか自慢話ばかりとか普通に男にも嫌われてるだろ。

だからこのブログでは〔1〕清潔感と〔2〕ファッションセンス に重点を置く。

では改めて服装、ファッションの重要性について。

まずは 「チビ、デブ、ブサイクでもモテる男の共通点」というコラムで、
2番目の理由として挙げられてるこんな意見がある。

「どんなに容姿がイケてなくてもオシャレだったりすると好印象」

(参照元:日刊SPA たもちん恋愛ニュース)

本屋に行けば女性ファッション誌の種類の多さがいやでも目に入る。
あれだけ自分の服装に気を遣う女性が男性を見るとき、
服装に気を遣ってる男性と遣ってない男性、どちらに親近感、共感を感じるか?
一緒に街中を歩きたいのはどちらか?

言うまでもないよね。

だから、もしあなたが
・ファッションに全く興味がない。
・オタク系など悪い意味で個性的。
なら今すぐ意識を、服装を、少し変えたほうがいい。

ファッションと言っても別に流行に特別敏感である必要もないし、
一つあるとすれば、「服装と自分の雰囲気が合ってる、違和感がない」ってことだと思う。
要は、浮いていない、張り切り感がない、こと。

まぁ日頃からファッションに多少の関心があって、
「今欲しいファッションアイテム」なんかがパッと言えるのなら問題ないと思う。

俺の普段着は古着(高価なヴィンテージではない)にセレクトショップの服ちょこっと混ぜて
好きなように適当に着てる。流行なんて知りません。
王道ではないし好みも分かれるだろうけど、それはそれでいいと思ってる。

ここまで読んで「自分の服装はO.K.」と思える人、以下はスルーを。
あなたには必要のない情報です。

「自分の服装はヤバい」と思った人は次に進もう。
まずは、女子に人気のある男性の服装、ファッションを具体的に画像で見て傾向を掴んでおこう。
ブサイクがモテる服装

ブログネタ
恋愛/結婚 に参加中!
モテる方法STEP1・出会いを15倍増やす方法
その(1)は、「出会いを増やすマインド」

モテない男がモテるために最低限必要なこと、それは
出会いを増やすこと

「モテない、彼女ができない」と嘆いているブサメンに限って
出会える行動パターンをとってない。

「ナイナイのお見合い大作戦」というTV番組があるけど、あれ観てるとよくわかる。

イケメンとはいえない男性でもばんばんカップルになるし、「美女と野獣」っていうケースも珍しくない。

個々の要因はあるが、やはり「彼氏募集中の女性と数多く出会える」のが最大の要因だろう。

ただ、それも参加男性が番組にエントリーするという「行動」、
それも「TVに顔出し」という高いハードルを越えて行動した結果だ。

「モテない…」と家で嘆く暇があるなら、やっぱり出会うための行動を起こさないとダメ。

で、行動を起こすために必要なのが出会いを増やすマインド。

ひょっとして昔の俺みたいにこんな風に考えてないか?

「出会いなんて行動より縁がだろ」
「今の職場じゃ出会いが無くても当たり前」

…そんな考えで出会いが増えるわけないよな。

そんな俺のマインドを変えてくれたのが同期入社のS。
めちゃイケメンでの上に入社1年目でいきなり営業成績トップ3に入った男。
一言で言うなら「歩く自信の塊」

一度いっしょに合コンに行ったけど、女性陣のリアクションの差がハンパない。
スーパーサイヤ人と村人Aぐらいの実力、そして扱いの差。
改めて世間の残酷さを思い知らされた合コンだった。

で、その時の悔しさがずっと頭から離れないのよな。
仕事でも負けてたし、「俺、このままでいいのか?」って、その夜中ずっと考えた。

で、朝方、結論に達した。
「自分が変わるしかない!」って。

そんな経験を経てこの「ブサイクがモテる方法」が生まれるんだけど、
このように最初はマインドの変化がターニングポイントだった。

「ブサイク面して受け身でどうする!」
「それって、単なる逃げ」
「”村人A”のままでいいのか?」

出会いが少ないのなら
出会いは行動して増やせばいい
そんな風にマインドセットすることが最初のポイント。

意識が変われば行動が変わる。
行動が変われば結果が変わる。
結果が変われば意識が変わる。

この上昇スパイラルに乗っかればハーレムなんてあっという間。

次は出会いを爆発的に増加させる具体的な方法について ⇒ 
出会いを15倍増やす方法(2)出会いを与える

ブサイクがモテる方法を伝える前に
改めて知っておきたいことがひとつ。

それは男の外見は女性からの評価にどれだけ影響するのか?っていうこと。
つまり ”ブサイクだから” モテない、はホントか?っていうことです。

例えばこんな調査がある。

155-1


以下、寄せられた女性からの回答。

>『女性は男性ほど容姿の良さを付き合うかどうかの基準に加えません。
 見た目以外の何かを求めて付き合うんだと思います。
 例えば、優しさ、面白さ、性格の良さ、雰囲気、などなど。』

>『私(女性)自身はとっても面食いです。(キッパリ)
 ですが、女性の中には「顔は気にしない」という人が結構いるな〜というのが実感。』

>『・・・オトコマエって落ち着かないんですよ・・・。』

>『私は不細工な男の人の方が興味あります。
 カッコいい人は嫌いではないですが興味がそそられないですね。』

>『私も男性の顔にはこだわりはありませんね。
  顔は自分の顔で満足しているせいなのか恋人を顔で選んだ事はありません。』
             (参照:教えて!goo「女性はブサイク男が好きか?」



もちろん全ての女性が同じ考えではないし、
イケメン好きな女性が多いのも事実。
だけど俺自身の経験と照らし合わせても、
ここに寄せられた意見と同じ考えの女性も案外多いんだと思う。

つまり ”ブサイク=モテない” のは必ずしも絶対法則ではなく
・「どうせ俺なんか」というネガティブな思考、感情、雰囲気
・ブサイクのためのモテる方法を知らず正攻法で攻めるという誤り

ということなんだと思う。

この『ブサイクがモテる方法 | 4ステップ・ハーレム』
俺自身の体験をベースに ”ブサイクが” モテる方法をまとめたもの。

「人間性を高めればいつかはモテるようになります」的な正論は(実に真っ当だが)あえて割愛し、
具体性、実行性にこだわって4つのステップに行動を分類。

STEP1. ホップ 「出会いを増やす」
STEP2. ステップ 「第一印象操作」
STEP3. ジャンプ 「聖者の誘惑」
STEP4. ギャップ「ギャップドロップ」


これまでのパサパサに乾いたモテない人生にピリオドを打ち、
いつでも隣に恋人のいる、楽しい人生へシフトチェンジしたい方のみ、
よろしければ次にどうぞ。

次は早速STEP1.我らブサメンにとって必要絶対条件の⇒出会いを増やす方法

片思いの女性画像「モテないのはブサイクだから」
もしあなたがそう思っているなら…
チャンスだ。

ブサイクがモテる方法 | 4ステップ・ハーレムへようこそ。

このブログでは、わずか4つのステップでブサイク男がモテる男に生まれ変わる方法を伝えます。

ただ、モテる方法と言っても
「洗脳トークで今すぐ女性を思いのままに」
「確率90%以上の究極ナンパ術でやり放題」
そんな夢や魔法のような方法ではない。

いつの間にか女友達が大勢いる。
自分が好きな女子に好意を持たれる。
モテるスパイラルに乗ってなぜかモテるモードに入る。

そんな恋愛、幸せをもたらす方法。

俺自身、ブサイクという恋愛ハンディキャップを負ってる。

コンパ定番の「〇〇〇に似てる」トークで
「バカボンのパパ!」
と言われたことも1度や2度じゃない。
(額の3本の皺、腫れぼったいまぶた、人一倍大きい頭周り…どれも俺が望んだものではない。)

好きな女子にライン交換お願いしてもやんわり拒否。
勇気をふりしぼって直接食事に誘ってみても逃げられる。

「ま、仕方ないか・・・」

そんな経験を何度も繰り返しているうち
女性に対し、不信感や嫌悪感を抱き、恋愛をあきらめていた時期もあった。

でも、本当はこのままロクに恋愛もせず人生が過ぎていくことが嫌だった。
俺の人生から大きなものが欠けるような気がして。

女性を、恋愛をあきらめきれなかった俺は
どうすればモテるか考えに考え、そして実行に移した。

すると、少しずつ微妙な変化が起きはじめた。

女性の俺に対するリアクションが変わり、
そのリアクションの変化が俺に自信をもたらし、
その自信が俺の行動を強化し、
その行動が女性からのリアクションをさらに高めて…

たぶん、変化の連鎖、スパイラルに入ったんだと思う。

気軽に連絡先を教えてくれるようになる。
食事に誘っても引かれない。
「雰囲気がいいよね」と言われる。
恋愛対象として見られるようになる。
以外にモテる、というイメージが広まる。



『あれ、俺、モテてる・・・』

最初にお話したとおり、この4ステップは夢の万能薬ではない。
だけど、これぐらいの変化をもたらすことは可能だと思う。

そう考えれば、過去の俺と今の俺、違いは

”ブサイクが” モテる方法を知っていたのか、否か。たったそれだけのような気がする。

なので「ブサイクだから」とかいう思い込みで恋愛をあきらめてる人に、
かつての俺のような人に、
実際に行った「モテる方法」を伝えたいと思う。

あなたが何歳だろうと関係ないし、今からだって遅くない。
今までモテなかったからといって、これからもモテないわけじゃない。
あきらめなければ、行動を起こせば、人生は変わる。

そして、ブサイクがモテる方法 | 4ステップ・ハーレムはその役に立てるはず。

まずはその4ステップの前に知っておくべき一つの事実 ⇒ ブサイクがモテる方法・女性の意見

このページのトップヘ